2017.3 六義園の地元民の上手な楽しみ方


今回は文京区本駒込にある六義園についてご紹介したい事があります。

スタッフの牧野君情報ですが・・・

六義園と言えば「枝垂れ桜」なのですが、通な見方はちょっと違います
枝垂れ桜は早めに咲くので、3月も半ばになると六義園のライトアップがされるのですが・・・

P3230750.jpg

このように、全く咲いていません

時期によりですが初日~一週間の間は、ほぼ枝です

P3230754.jpg

まぁちょっとは咲いていますけどね

P3230762.jpg
P3230772.jpg

咲いている桜を探すのも楽しいのですが、メインの楽しみ方はそこではありません

受付の方も桜が咲いていないので、お勧めしないで帰してしまう始末です

まぁ枝ばかりですからしょうがないですよね~

遠方からはるばる来られた方など、がっかりしてしまいますものね
でも、ちょっと待って下さい

ここからが本当の六義園の楽しみ方です

P3230770.jpg

庭園の奥へ進むと

P3230783.jpg

ほら、

わかります?

P3230796.jpg

誰もいない

人がいない

P3230824.jpg

この景色を一人占め

耳を澄ましても、無音の静けさ

P3230861.jpg

六義園は高い木に覆われているので、騒音も遮断されていて、とっても静か

P3230860.jpg

満開の桜は綺麗で華やかですが、人混みがすごくて気持ち良く楽しむ事が困難です

桜は咲いていませんが、庭園のライトアップを存分に楽しめますので、まるで景色のいい露天風呂に浸かっている感覚です

お勧めは池の右にあるベンチに座ってぼーっとする事かな

 

まとめると

・3月でも寒い日の平日(月~木)
・ライトアップが始まる3月中旬
・桜が咲いていないのを確認(ライブカメラ
・20時頃がお勧め(20時30で入園終了)
・池の右にあるベンチで鑑賞
・お茶屋さんの音がうるさいけど(20時30頃に閉店)
・無音の時間を楽しみましょう

 

いかがでしたか?

メインを楽しむのではなく、角度を変えてみるのも一興ですね
きっといい時間を過ごせると思います。

私もまた来年に行こうと思いますので、もしベンチに座っていたら、そっとしておいてあげてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です